色んな事を綴ってみたい変わり者のblog

 

カテゴリー:不思議・スピリチュアル

僕らとマナに起きたこと


 先日、マナの体調が急に悪くなった事はお伝えしたと思います。


 いつもの鳥の先生に診てもらい、その後あることをしました。


 それは


 アニマルヒーラーに観てもらう事。


 理由は簡単。


 科学では解明できない力で病気を治してもらおう!・・・とかではなく、

もし旅立ってしまうのなら、少しでも苦しまないように癒したかったから。

あと間接的にでも何か言ってる事があれば聞きたかったから。


 自分達でできるのが一番だけど、そんなトレーニングはしてないし、

自分達がどうあるべきかを学ぶので精一杯。それすらまだ0.1合目ww


 僕がブログを始めた頃は、アニマルヒーラーやコミュニケーターの方は

非常に少なかったけど、今はかなり増えましたね。


 そのヒーラーと言われる人もピンキリで、『あ~この人凄いな~』と、

感じる人や、

 『この人はどこの意識と繋がってヒーラーと言ってるのか??』と、

感じる人もいるわけです。


 もし直接行くのなら、マナの体調も考慮して近くがいいかと探していたら、

案外近いところにありました。


 セッション内容やプロフを見た上でコンタクトを取ったのですが、

値段もかなり良心的。(個人的感想ですよ。)

遠隔セッションでの対応だったので一安心。

なので、3日コースをお願いしました。


 向こうに写真を送って依頼したところ、受付担当の方からメールが来て、

通常のセッション(業務)が終わってからのヒーリングになるので

21~23時に行うとの事。

その日のうちに最初の結果と、最終日に再度メールします、というお話でした。


 ちなみに容態が悪く病院に行った事は伝えましたが、

病院でもここが悪いと言う確定が出なかったのでどこが悪くて~

などの箇所は伝えませんでした。


 食事を済ませ、ゆっくりしていていた時、ふとマナを見ると

見たこともない動作。


 お腹をしきりに両足で掻いていました。かなり長い間。

インコを飼ってる方で下っ腹を足で掻いてるの見た事ある方います?

足で頭を掻いたり、くちばしでお腹の羽づくろいするのは常ですが、

足は初めて見た気がします。


 『内臓が悪いのかな?腫瘍とかできてて痛いのかな?』

 『足で掻くなんて余程気になってるんだね。』

などと話していたんですが、ふと時計を見ると22時。


 もしかするとヒーリングへの反応??と思いつつ

メールが来るのを待っていたんですが・・・来ない!


 う~ん、と思っていたら、夜中1時にメールが。


 依頼がかなり多かったらしく、全てをこなしてメールを

作っていたので遅れてしまった事、非常識にもそのメールが

夜中になってしまった事を丁寧に謝ってらっしゃいました。


 メールを読み進めると色んな事が書いてありました。


大まかに言うと、


  • お腹に重たいエネルギーが溜まっている。
  • それを体から出す為に良いエネルギーを送った。
  • だいぶ軽くなっているがあと2日続けて行う。

 こんな内容でした。



 そして3日目のメール。

こんな事が書いてありました。



 「〇〇さま、またこのようなお時間に、大変失礼を承知で、

ご報告をさせていただこうと、メールをしております。


 状態は少しよくなってくれて、本当によかったです。

最終日ですが、同じようにお腹あたりを中心に、全身にエネルギーが流れ、

やはり古いよどんだエネルギーが排出されていきました。


 マナ君が、ありがと、ありがとうございます、とお礼を言ってくれたので、

とても嬉しかったです。


 とても知能が高く、魂でいいますと、高貴な魂をもっています。

インコ、の一言ではかたずけられないような、マナ君です!!


 我が家には、△△というインコと、□□ちゃんというボタンインコがいますが

マナ君は、やはり、なんといいますが、良い子、しっかりとした印象で、

我が家の鳥たちより、全然大人です。。。。


マナ君のお腹が少し軽く感じました。

おそらく本当に軽くなっていると思います。

頭から、とてもきれいな白っぽいエネルギーが、

最後に体中に流れていきました。」



 このメールが来る前に5日間延長してもらったので、

その内容は抜いていますが、ほぼ本文のままです。


 延長したという事は、それだけ効果的だったという事なんですけどね。


 驚いたのは鳥先生が『こんな性格のインコ珍しい』って言ってたのが

ヒーリングでも同じ事を言われた事。


 飼い主はモミと比べてオスだからなんだと思っていたのですが、

鳥先生いわく、『モミちゃんの性格が普通のインコ』なんだそうで・・・。

まぁ、言われて見るとペットショップでもこんなに人の観察をするインコは

見たことがないのでマナは特殊なんでしょうね。


 先週、鳥先生の所に行ったら、『だいぶ良いみたいだけど、

 肝臓の数値が気持ち高いかな~。』って話でした。


 ヒーリングの話はしませんでしたが、お腹を掻いてた事を言ったら

 『そこは肝臓だよ』ですって・・・。


 尾羽が少し下がり気味なのが気になりますが、

かなり回復してお喋りもいたずらもしてるので良かったです。


 前ほど長時間放鳥はしませんが、疲れない程度に

モミとも遊ばせてます。


すっかり元気!

 このブランコに止まれなくてぐったりしてたのが嘘の様。

ただ今、マナはとんねるずの番組をじーっと観てますww


 もしも、興味がおありならリンクを張っておきますので

覗いてみてはいかがでしょうか?

 Fairy Light ホームページ

 Fairy Light ブログ


 ちなみに、正面と全体写真があれば、旅立ったペットとの

コンタクトも可能らしいですし、通常の人へのヒーリングもされてるようです。




新月とエンジェルナンバー


 18日は新月でしたね。


 新月は『物事をリセット・リスタートする』タイミングに良いと

言われていて、各地でワークショップも行われています。


 僕もリセットしましたよ。髪を。


 実は、営業職ではなくなったので『一度経験してみたい』と、

ずっと、髪を伸ばしていました。 2年も。

自主規制

 ドライヤーで伸ばして結んでるのでこれくらいで済んでますが、

獣神サンダーライガー

 そのままだと、もうライガーです・・・獣神です・・・。


 美容院に向かおうと車に乗ったら!アラ、まあ!

ゴーゴゴーゴゴ

 車のメーターが55555!


 5のぞろ目は 『人生やスピリチュアルでの重大な変化』

表すらしいですが、ただのカットが何だか壮大なスケールにww

気絶防止

 まぁ、久々にスッキリして髪は変化しましたが、


 2日経っても特に人生の変化は感じられません・・・。


 もうちょっと様子見てみますwww




エンジェル・ナンバー 実践編―願いをかなえ、答えを得る

ペットを飼う全ての方へ

学びにきました

『犬も猫もペットは元々野性動物、ペットなんて人間のエゴよ。

 動物はみな自然の中で生きていくのが本当なんだ。それが一番幸せなのよ。』


 大昔、たまたま観ていたアニメで女の子が言っていた台詞。

その当時の僕はその台詞を疑ってなかった。



 それから数年後、クイズ番組でオーストラリアかニュージーランドの

自然保護区が映っていた。


 リポーターのお姉さんが巣から落ちたひな鳥を助けようとすると、

監視員の女性がこう言った。


 『ここは人間が助けてはいけないの。それに人間の臭いがうつったヒナを

 親鳥は育てないし・・・。かわいそうだけどこれが自然な事なのよ。

 自然はそのままの状況にしないといけないの。』

肩でおやすみ


 なんだか釈然としなかった。目の前の命を助けないのが良い事?

人間も自然の一部でしょ?と。


 ふと、あのアニメの台詞を思い出した。

どちらも人と動物が交わる事をよく思ってない。

上手く言えないがちょっと違う気がした。



 環境は全く異なるが、自然の中生きる者、家畜として飼われる者、

ペットとして飼われる者に命の差はない。

 家畜に対しては、時折人としての 「罪」 を感じる事もある。


 そんな時、『学びに来た事が違う』 から家畜として飼われてる命が

全て不幸とは言い切れないんだ、と

ヴィーガンのヒーラーの方が言っていた事を思い出す。



 確かに人間は酷い生物でもある。


地球上で最も多種を滅ぼし、同種の命を奪うのは人間だけだ。

 しかし、地球上にいる全ての生物に愛を与えられるのもまた人間だけだ。


 勿論ペットにも悲しい目に遭う者もいる。それも学びなのかもしれない。


もみとまな

 でも、あなたの傍らにいるその子は違う。


 その子はね、あなたから愛を学びに来たのですよ。


 話しかけ、なでたり抱きしめたり

我が子のように、時には兄弟のように。

 寝床を作り、食事の世話をし、一緒におもちゃで遊び、

心配があれば病院に連れて行く。 どれも人間が与えられる様々な愛の形。


 人間の下で愛を学んだ命は光に還った後、

その愛を他の動物の魂と共有するのだそう。


 あの番組で、監視員が言っていた事は本当に正しかったのだろうか?


 もし巣に戻した後息絶えたとしても、愛を与え、

愛を学んだ事になったのではないだろうか?


 人と動物が織り成した途方も無く永い時間の中、

数え切れない程の学びと共有がこんな場面を創ったのかもしれない。

hugpeace.jpg


 彼らが光へ還った時、本当に良い学びだったと

誇りに感じてくれる位めいっぱいの愛を。


そして僕らも、彼らから愛を与える喜びを学んでいくのだ。




一応ランキング参加中
ブログランキングならblogram
楽天おすすめ商品
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター

まとめ