色んな事を綴ってみたい変わり者のblog

 

カテゴリー:料理

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アースガイド流カラメルソース


 ずいぶん前にプリンのレシピを紹介したのですが、その際、カラメルソースの

作り方を載せると言ったまま放置してましたので、改めてご紹介を。


 僕の作るカラメルソースは上掛けするタイプなのでゆるめです。

おおよその分量を記載しますので、用途に合わせてカスタマイズして下さい。


<材料>

  • グラニュー糖・・・200g
  • 水・・・125ml
  • 足し水・・・70ml
  • ブランデーやダークラム等のお酒(足し水に入れておく)・・・30ml
  • バニラビーンス・・・1本

VB取り出す

 まず、バニラビーンスは包丁で開いた後、スプーンの背か包丁の背で優しく

取り出してください。

あまり強く力を入れると、内皮も取れてしまうので注意です。


 バニラビーンズは10cmほどの長さであれば1本、15cm以上なら半分で十分

だと思いますが、そこもお好みで。


VB入れる

 バニラビーンスはまとまって中々バラバラになりません。

なので砂糖に入れて、こすり合わせる様に混ぜて下さい。ほどけるし、後が楽。


VBなじませる

 こんな感じになればOKです。


砂糖煮詰める

 水を入れて中火にかけます。この時、絶対混ぜない様に!上手に出来ません。

ヘラで混ぜたい気持ちは抑えて下さいw


砂糖グツグツ

 だいぶグツグツしてきました。

ここからしばらくすると鍋の周りから黒くなり始めます。

そしたら、鍋をゆするか軽く混ぜるかして下さい。

ドンドン全体の色が濃くなってきます!

 でももう少しガマン!泡が小さくなって煙が出て来ますので、そこから

少し焦げたニオイがしてきたら火を止め、ゆっくり足し水を入れて下さい。

一気に入れると、熱い飴が飛び散ります!!絶対止めて下さい!火傷しますよ。


 なぜこの箇所の写メがないかと言うと・・・撮りながらは作業できない位

タイミングが大事だからww一人で両方出来るほど器用ではないですw


 足し水を入れた鍋には、まだ飴の塊がありますので、今度は弱火で!

全体を馴染ませて下さい。


カラメルできた

 てな具合で完成です!



 僕は鞘も一緒に入れますが、入れずに砂糖に突っ込んでおくと、バニラの香り

が砂糖に移って、いい香りのバニラシュガーになります。


 甜菜糖などでも出来ますが、元々色が茶色なので変化が分りづらいです。

元来シロップは糖度が高く、水分が少ないので冷蔵の必要はないのですが

(理論上、比重を表すボーメと言う単位が30度以上は腐らない。水1に

対して砂糖1.35だったかな??レシピだと単純計算で30度にはならないけど、

煮て蒸発する分考えると30度くらいかな~?自信は無いケド・・・。)

冷蔵すると糖蜜が固まって冬場のハチミツみたいになるので気をつけて下さい。


 まあ、きれいな瓶に保存しとけば冷蔵しなくても大丈夫ですし、紹介の分量は

案外すぐなくなる分量ですのでw



 ちなみにうわがけタイプにしたのは、カラメルが平気な人と嫌いな人、

どちらも自分好みでプリンが食べれるように。

更に、パンケーキ、フレンチトースト、カフェラテやマキアートにも使える!


 これはぜひ一度作ってみて下さい!

自宅で、いつもよりちょっとだけリッチな気分になれますw




スポンサーサイト

リンゴとサツマイモのチーズケーキ


 いや~、もう12月ですか!早いですね~!


 まだ書きたい事がまとまらないので、ネタを探してたら

つい最近作ったケーキの写真が1枚あったので、見た目はあまりですけど

とりあえず。


 元のレシピもかなり美味しかったのですが、レモン汁やら片栗粉やら

クッキー生地やら手間でした。

 僕にはレモンの酸味が強い気がしたし、何か全体的に軽いんだか重いんだか

パッとしないし、手間だったのでパンプキンチーズのレシピを応用しました。


リンゴとお芋

 実は余ったピースを撮ったので、飾りもなくてクリームもブサイクですが、

味は最高!パンプキンより美味しいかも。


 レシピ的にはカボチャ250gを、リンゴ・さつまいもを各半量にしただけ。

レンジは3分チンしてください。今回、砂糖はグラニュー糖。


 元のレシピより少し味が重くなった分、上掛けのクリームに少し

植物性のクリームを少し足して軽めにしました。


 う~ん、せっかく載せるんだったら、ちゃんと飾ったやつ撮っとけば良かったなぁ。




実は一番自信がある。


 パスタやケーキなどなど、色んな品を作ってUPしてますが、

あんなもんは本見たり、何回か作れば覚えたりする訳で。


 もちろん経験からアレンジしたりはしますけど、時々失敗もします。

変にしょっぱかったり、逆に薄かったりね。


 パスタの茹で加減はかなり自信がある方だけど、秒単位でとなると、そこは

やっぱりプロフェッショナルには勝てないですよね。

(ちなみに、蕎麦を茹でるのはなぜか苦手・・・)


 一番得意で、自分にしか出せない味って何だろう?って考えたら・・・

ありました!絶対的な一品が。




お、お、おにぎりが食べたいんだな



 ・・・はい?えぇ、そうですよ。🍙おにぎりですよ。


 塩に焼きのりというシンプルなヤツなんですが、口の中でのほどけ具合や

大きさや塩梅が絶妙らしく、旨いと言われるよりも皆に驚かれます。


 自分の手の大きさとか力加減がおにぎりに丁度いいんでしょうね。

自分でも、自分の作る品の中で一番旨いと思います。



 また食べたいと皆が言ってくれるのは嬉しいんですが、

「おにぎり握る為に生まれた男」とか「おにぎりの神に愛されてる男」

とか言われるんで・・・ちょっとムッとしますww




一応ランキング参加中
ブログランキングならblogram
楽天おすすめ商品
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。