色んな事を綴ってみたい変わり者のblog

 

月別アーカイブ:2015年11月

粉雪サラミ


 スペインやイタリアの白カビの付いたサラミ。

初めて食べた時は、しょっぱくて美味しく感じなかったのに

後からやって来る旨みにハマッってしまい、見つけたらつい買ってしまいます。


 ずいぶん前に、「満天☆青空レストラン」で紹介してた

佐賀にある唐津くん煙工房の『粉雪サラミ』がどうしても食べてみたくて、

ないコネをフル活用して、買ってきて頂きました!

粉雪サラミとハム

 ハムまでおまけに貰っちゃった。


 海外のものと同じくらいの大きさを想像していたら、小さくてビックリ!

普通のソーセージの1.5倍くらいしかありませんでした。

これで600円じゃ、いいお値段ですww

至福のひととき

 ハムは軽く炙って、サラミは超薄切りに。最近お気に入りの1本と。


 いざ、実食。・・・や、やさすぃ~。


 海外の塩味の強さに慣れてるので、一瞬物足りなさを感じましたが、

どんどん旨みが膨らんできて、肉の上品さと黒胡椒の香りが広がります!!


 小さいから半分取っておいて次の日に食べようと思っていたのに、

結局すぐ食べてしまいましたww


 今度はちゃんと自腹でネットで頼もうかなww


 ハムも上品で美味しかったです!ごちそーさま!




タグ : 粉雪サラミ

求道者・成田新十郎先生に会う 2


 教わっている先生に、一般合気道での技「天地投げ」を掛けてもらう。

先生の両腕をガッと掴んで抑えていると、スーッと自分の力がどこかに消えて

崩し倒される。自分と先生の『力の対立点』が文字通りなくなる。

同じ技を成田先生にも掛けてもらうと・・・。


 齢八十六の達人は、また別の、異次元の感覚でした。


 僕は勢い良く成田先生の両腕を掴んだ。なんてゴツい手首!!

そして大げさじゃなく、掴んだのに『1mmも』腕が動かない!

 どんなに力自慢の人でも、掴まれるのが解っていると踏ん張ろうとして、

腕じゃなかったとしても身体のどこかが動く。それが全く感じられない。

 人の腕を掴んでいるのは間違いないのに、まるで鉄棒を掴んだ感覚。

 『えっ!?』と、思った刹那、腕を掴んでいる力の方向性が解らなくなる。


 つまり、成田先生の腕を掴むと言う事は、自分の力を

成田先生の腕に『預ける』と言う形で力の対立点が出来るのだけれども、

その対立点が掴んだ瞬間になくなる。

 学校で椅子に座ろうとしたら、友達がいたずらで椅子を引いてて

あると思って座ろうとしたら、ガクってひっくり返るのに感覚が似てる。


 一つだけ違うのは、確かにそこには腕があり、僕はその腕を掴んだって事。

椅子に座ったのに、急に椅子だけパッと消えたら同じ感覚かな??


 ちなみに、僕がその感覚に陥って投げられるまでたぶん0.5秒くらい!

達人が受け継ぐ『無対立の境地』を体感したのでした。



 そして幸いな事に、23日にもお会いすることができ、

また体験することが出来ました。

向かっていく自分が勝手に崩れていくのが不思議な感覚。

ブサイクな受身

春風に飛ばされるタンポポの綿毛のようにフワリと投げられます。

モチロン、受け身は取らないと激痛ですが・・・。


 合気道の受け身は、投げられた後

すぐに立ち上がって次につなげる性質があるので

こんな感じで綺麗に回転する方が多いですが

凄い!2

僕の受け身は叩きつけられた衝撃を逃がすのがメインなので

ちょっとブサイク?な受け身ですw

プレイではありません

 受け身を取る寸前の状態です。決して幼児プレイではありません・・・。


 そして一番の衝撃だったコレ!

おろろろ・・・

 まさに感覚は先日予想して載せたコレに近い。

成田先生

 ここで勘違いしないで頂きたいのは、

成田先生は決して、例えばかめはめ波のような

あるいは『気功』のようなものを出して

相手を崩したり倒したりはしてないと言う事。


 お互いの力の対立点を瞬時に消してしまうから、

恒久性維持(ホメオスタシス)が僕に働き、

僕が『意図せず』自ら崩れてしまうと言う事なんです・・・。

難しいかな?


 こればっかりは体験しないと解らないと思います。しても解らないけどwww


 2回にわたって、大変貴重な経験をしました。


 そして衝撃の事実を知るのですが、それはまた次に。長くなっちゃったからw




求道者・成田新十郎先生に会う


 11月14日、2時間半かけて埼玉は草加へ。


草加駅

 教えて頂いてる先生と駅前で待ち合わせ。


 そしてその10分後・・・穏やかな顔をしたご老人が・・・成田先生だ!


 まさか駅前で会えるとは思わなかったので、緊張しましたw


 全員に敬語で話してくれる成田先生、ホントに普通の人にしか見えない。

でも、あの動画の動きをする達人が確かに目の前にいる。


 今回は、合氣研究所さんが使用している草加中学の柔道場での見学。


 僕以外は、全員合氣道経験者。全員が道着に袴。

未経験者は僕だけ。しかもブラジリアン柔術衣・・・。ちょい浮いてましたww


 いざ始まると、動画で観た光景が目の前に・・・。


凄い!

凄い!2

 前にも書いたかもしれませんが、平井稔伝の合氣道は、一般合気道と違って

一教、二教と言った「型」が存在しません。

中心帰納という考えと、体捌きを用います。

 と、言ってもわかりづらいと思うので、合気道っぽい写真を貼ってみました。


 ちなみに、

1枚目の投げられてる方は150kgのベンチプレスを挙げるらしいです。

2枚目は教えて頂いてる先生なのですが、合気会の高段でもあり、

ロシアの軍隊格闘技「システマ」の経験者でもあります。


 そんな素晴らしい動きの数々を僕はずーっと、

スマホで撮影してましたww 道衣意味なしwww


 でも見学後、自分で動画を撮れただけでも興奮してたのに、

な、なんと、成田先生の技を受ける機会を頂きました!!


 一体どんな事が起こったか・・・色々含め次回に続きます!




一応ランキング参加中
ブログランキングならblogram
楽天おすすめ商品
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター

まとめ