色んな事を綴ってみたい変わり者のblog

 

月別アーカイブ:2015年12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二人以外ゼロ


 平井稔翁が示した極意に『中心帰納』と言うのがあります。



中心帰納

 今っぽく言うと、自分の発してる気持ちやエネルギーを

自分の中心に戻すって事かな?


 白石先生(教えて頂いてる先生です。)は『似てるけど違う』と、

言っていましたが、一番近い状態はスポーツ選手がよく言う

『ゾーンに入った』状態だと思います。

 先生は、『ランナーズ・ハイ』みたいなものとは違う、と仰ってましたが

僕もそう思います。

 どちらかと言うと、体操選手が自分の状態を俯瞰で感じてる状態の

『ゾーン』に近いかな?と感じています。


 『変性意識状態』って、言うんでしょうか。


 脳科学で言えば、ジルボルト・テイラー博士の『ラ・ラ・ランド』ですよ。

過去のエントリー記事⇒『バランス』


 相手の発する敵意や、自分の対立心や力、

全体と『一つになる』って事です、たぶんw

 そして相手がそれに呑まれそうになると、一つになる気なんかないから

(敵対してるから当然ですが)崩れていく・・・。



 で、これが体現できてるのが成田先生と、もう一人の先生。


 とは言え、『お二方と同じくらい50年合氣道を修行されてる方もいるし、

平井伝の合氣道の前に、他流で高段を取ってる方もいるので、

例えば、成田先生ともうお一方を10だとすると、

同じ年数修行されてる方々が、7~8で、

他流で高段持ってる方が4~5で、

平井伝の合氣道初心者から数年の経験者が1~3みたいな感じかな?』

と勝手に数値化していたので、その辺を聞いてみました。


 こう返事が返ってきましたよ。

 『成田先生を100とすると、もう一人の先生は50。他は0です。


 ・・・え?・・・ハイ??


 え?1もないの!?じゃあ、先生は??と、聞いてみたら、

 『僕は0ではないですが、まだ2人の足元にも及ばない。

 この極意に関しては、他流の高段も何十年修行してる人も

 初心者のあなたも同じスタートラインです。』


 その後、成田先生にお会いした時に他の道場の方が

うちの先生に指導を仰いでいたのを見て、冗談じゃなかった事に

気付きました。


 うちの先生は『3人目』と言う事になります。


 縁あって先生に出会えた事は本当にラッキーでしたが、

 ・・・幸か不幸か、目指す頂はとてつもなく高いです。




スポンサーサイト

相伝の難しさ


 植芝合気(合気会)の2代目・植芝吉祥丸道主は、

当時独立した塩田剛三先生の養神館より劣勢だった合気会を

地道な活動で広げて行き、3代目・守央道主の現在、

世界の合気道の八割が合気会らしい。


 2代目吉祥丸道主は、世界中の人が合気道を学び、その中から何人かの

達人が生まれる事を期待・考えていた、と

何かで読んだ事がある。


 その結果合気会は思惑通り世界中に広まり、素晴らしい技を披露する先生方も

国籍問わずいらっしゃる。

 ただ、全部の合気道の道場が開祖の伝えたかった事を

理解しているかと言うと、違うと思う。


 元々、剣術と柔術の要素を取り入れて出来た武道だ。

本来は剣術・杖術・体術の全てを道場では教えないといけないのに、

型のみしか教えない所も多いらしい。

 盛平翁が伝えたかった事は、型ではなく、『型』という決められた

不自由の中から、或いは剣捌き・杖捌きを通して『理合い』を、

盛平翁の言うところの『呼吸力』を身に付ける事のはず。


 そこを忘れて、取り・受け双方が馴れ合いの型の中で関節の取り合いを

修行したところで、筋力に頼らない強さにたどり着けるわけがない。

 ましてや、型の通りに動く敵は本当の戦いの時には絶対いない。


 だから盛平翁の口癖は『技は覚えたら忘れなさい』なのだ。



 一方、平井稔翁は『旧大日本武徳会の合気道』を残していく為

植芝翁の所へ戻ってきて指導をして欲しいという依頼を断り、

日本船舶振興会の笹川会長の援助も断り、

自費で道場を建て、指導をした。


 平井翁は、自身の合氣道を、全ての武道の本質を伝える

『母体武道』だと唱えていた。

 戦いの中、最も適切な動きが出来たのが『武道』であり、

その中の一部分を切り出したようなものはもう武道ではない、と

型と言うのを作らなかった。

 理合いを体得する為、『体捌き』と言う独自の動きを考案し、

『腰の回し』『中心帰納』と言う極意を、

正確に伝える為、あまり多くの弟子は取らなかった。


 型を嫌った平井翁は、剣術・杖術も『体捌き』を用いて一つとし、

独自の『円乱捕り』でその極意を体得させようとした。

取り・受け関係なく、乱捕りをした時代もあったと聞く。

関節どうこうより、『理合いの体得』に重きを置いたのである。

 結果、驚くような動きをする達人が現れる。

その際たる人が、成田新十郎先生だ。


 ただ、平井翁の伝えたかった事が、全ての光輪洞系の道場に

伝わっているかと言うと、それも違う。


 光輪洞の前身、恒河洞道場から数えても、修行者は1万人もいないだろう。

現在、平井稔伝の合氣道を習っている人も、300人もいないはず。

しかも、『純粋な』平井稔伝の合氣道をやってる人はもっと少ない。


 道場によっては、他流の剣術と大東流合気柔術を教えてるところもあるし、

演武で鎖鎌を披露する道場もあるらしい。

 理解できなくはない。

体捌きのみで型がない平井伝の合氣道は、極意が体得できない限り

円乱捕り自体が馴れ合いになる危険性がある。

現に体得してる人は2人だけだ。

自ら相手との理合いを掴もうとしながらやらないと、『受け身演武』に

なってしまうと思う。

 だからそこに疑問が出始めると、型の存在する流派に手が出るのだろう。

でもその時点で、『母体武道』ではなくなる気がする。



 どちらの合気道の考え方も間違えではないと思う。

問題は、伝えられた方の捉え方だろう。

これはどの世界でも起こりうる事だし、起きてることだ。


 平井翁の遺したこんな言葉がある。


 『流祖から弟子各人に対して、百人ならば一子相伝で

 百人百流である。流祖一人にしか習えないのであれば、

 道は途絶えてしまう。』


 この言葉の頭にはこうある。


 『本流さえ外れてなければ』


 盛平翁の合気道も平井翁の合氣道も途絶えてはいない。

ただし、『かたちとしては』だ。




クリスマスの報告2015


 小田和正の番組みたいなタイトルですが・・・


 いや~、やっぱりキツかった!ww


 実は相方の実家のクリスマスも手伝いつつ、自分ちの分も作ってたので

かなりハードでした。


 前日に下準備はある程度していたのですが、

ほぼ出来合いなしだったので、案外時間が掛かりました。

今回は相方の作ったものも含めUPしましょうかね。


 まずは、リースサラダ。

リースサラダ2

 中にポテサラを詰めてますが、マヨネーズはオリーブオイルで手作りして、

既製のマヨも混ぜて味を整えました。ちょっと香りが強すぎたので。

コレを自分ちの分と2皿・・・。


 サーモンとイカのタルタル

タルタルとフライ

 揚げ物はむこうにお任せしました。

タルタルは自家製で、隠し味に京都のすぐき漬けが混ざってます。

メチャ美味かったです。


 シーフードのボンゴレ


 茹で汁に昆布を入れて、飾りに水菜を添えて少し和風に。

・・・写真を撮り忘れてましたww


 ローストビーフ

左ロースト

 フライパン一つで出来るので、見た目以上に簡単です。

塩・バター・バルサミコに、少しハチミツを加えたソースで。


 で、ローストチキン

ローストチキン

 ケンタロウ流のレシピです。

ローストビーフの皿の右側はコレを取り分けられるように空けてた訳です。

ちょっと焼きすぎて、じゃがいもが黒いww

これも、自分ちのと2つ焼きました。

ケンタロウ、またテレビで観たいなぁ。ガンバレ!


 で、X'masの紙コップにスポンジを敷いて・・・

底にスポンジ

出来上がったのがこちら。

カップケーキ6こ

 今回こそは、丸い顔になるようにクリームを絞って

可愛いサンタに!と、思っていたのですが、

やっぱり砂糖を混ぜると硬くなるのが早い!ボコボコでしたww

 でも奇跡的にそれがサンタっぽく見えたので、顔を描かずに

そのままにしました。・・・なんて寂しい奇跡・・・。

もっとマシなのあるだろうよ!そっちの奇跡くれよ!!


頼まれた分のホールケーキ

ホールケーキ難しい

 100均で金口を何個か買ったのですが、

結局使いこなす腕が無い事に気付きましたww

なんとな~くごまかしてますwwパティシエってスゲーな~。


 自分ちのケーキ

ブッシュ・ド・ノエル2

 この辺りで完全にイライラしはじめ、

ブッシュ・ド・ノエルの形とかもうどうでもいい感じですw


 で、相方のピザ

パンピザマルゲリータ

 前日に生地を作って冷凍させてたので、ちゃんと焼けるか

本人は心配してましたが、上手に出来てたし美味しかったです。


 スモークサーモンのマリネ

サーモンマリネ

 マリネ液がいつものと違って美味しくないと嘆いていましたが、

そんなことなかったです。

 クリームチーズとサーモンは無敵!


 なんちゃらのオムライス

なんちゃらオムライス

 名前を忘れたそうで、思い出せないそうですwww

卵と炒めたご飯の真ん中にエビとマッシュルームの入った

ホワイトソースがかかってます。


 何が悲しいって、あんなに時間掛かったローストチキンより

このオムライスの方が美味かったww


 あれだけ色んなの作って、最終的に米が一番美味かったなんて

日本人だなぁ~って、痛感したイヴでしたよwww




一応ランキング参加中
ブログランキングならblogram
楽天おすすめ商品
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。