FC2ブログ

すべては光・エネルギー

 科学には量子力学と言う分野があります。最近「すべてのものの99.99999%は光だ」と言う理論が当たり前になってきているそうで、周波数の違いで見え方、物質がちがうのだとか。

 スピリチュアルの世界の人は「精神世界が徐々に科学で証明され始めてきた」と喜んでいるようです。光=エネルギーなので全てのものはエネルギーだと言えます。

 発する言葉、見えるもの、その姿形がどんなに別のものでも、量子力学から見れば「同じもの」とも言えます。あなたの脳がそれぞれが出している「周波数」を受信することで、それが車なのか、PCなのか人なのかリンゴなのか・・・と言うことです。

 「アハッ!体験」でおなじみの茂木先生が言ってらした言葉がとても心に残っています。

 「触って感じる、目で見て感じる。もちろん神経や目が見えないと認識できないけれども、触った感触や見ているものが何かと言う処理は全部脳が行っている」

これは逆を取れば一般の人が見えないものを証明しているとも言えると考えています。


 いわゆる「霊感のある人」「ヒーラー」と呼ばれる人達は、普通の人が受信しづらい「周波数」を受け取れると言うことです。

確かに脳も「勘違い」「錯覚」を起こします。科学で証明できないからと言って(科学は証明が好きですからね。)見えない世界を全て「錯覚」「インチキ」と全否定するよりは「何故受信できるのかできないのか」で考える方がよほど科学的なのではないでしょうか。

昔「ごきげんよう」で森久美子さんが亡くなった友人がその日に枕元に立って話しかけてきた話も「周波数」を証明しています。

 モリクミさんは、枕元に立った友人に「何故あなたが見えて会話ができるのか」を聞いたそうです。(それも凄い事ですが)友人は「目の前に立っている訳ではなく、脳に刺激を与えてそういう風に見せているんだよ。」と言ったそうです。江原さんも霊視して見えているものを同じような話で説明してました。目の前に映っていると言う見え方ではないと。

 この私達が存在するのは「3次元」です。その3次元で確認しづらいものをこの世界で完璧に証明することは難しいと思います。ただ世界的な科学者ほどこういう世界を肯定します。そう考えた方が進歩もしますし、楽しいと思いません?TVでギャーギャー言ってるどっかの教授よりよほどマシです。


 全てがエネルギーと言う考え方、周波数の考え方を持つと色んな事に面白い考え方が出来るようになります。周波数の違いは次元の違いとも言えるのですが、そう考えると色々気づいてくることが・・・。


それはまた今度・・・。



関連記事

0 Comments

Post a comment