FC2ブログ

魂の体現者


 去年の夏、木に留まっていた蝉の抜け殻を見た時、ふと思った。


 「蝉にとって幼虫の数年と、成虫の二週間・・・その意味って・・・。」


 蝉を見ると 「蝉ってかわいそうな一生だね。」 と、いう人がいる。

長い間土の中にいて、成虫になったら二週間ほどの命。その短い期間の中で、

ペアになって次代を遺す。


 人間の一生を蝉と比較した時、大抵の人がこう想像しないだろうか?


 「幼虫の時期=子供・成人までの時期、

 成虫から一生を終えるまで=大人・社会人・夫婦生活・老後・・・」


 蝉の成体は最終形態だし、 「成虫」 と言う言葉の響きに 「大人」 と言う

意味を含むかのように考えると人間と対比すれば確かに短く感じる。


 でも考えて貰いたい。蝉の一生を卵の時期から考えると長い。

17年ゼミという種類は、文字通り17年に一度大量発生する。

つまり17年の寿命があると言う事だ。地球上の生物でもかなり長寿だ。


 この事を踏まえて様々な思考が頭をよぎった時、思わず 「あ!」 と、

声を挙げてしまった。


 『命の動き』 ではなく、 『魂の動き』 と捉えたとき、

彼らは 『魂の体現者』 である、と。


 ここからは 「輪廻転生があると仮定」 しての話。

なので、信じない人に信じろと言うつもりもないし、僕もまだ現世にいるので、

実体験では当然ないが、少しでも興味があれば

信じる人も信じない人も見ていただけたらと思う。


 魂は、人によって回数は違うが、何度も何度も生まれ変わりを経験する。

時には金持ち、時には貧乏人、あるときは悪人、あるときは善人・・・。

様々な地位、時代、思考、人生を経験する。両方を経験してバランスを取る。

ずいぶん前に書いたが、舞台上で役を演じるのである。

 魂はそれぞれグループのようなものがあり、それぞれが経験した人生を

共有していく。


 実はそれを証明してるのでは?と言う映像を見たことがある。


 ある男性が退行催眠を受けていた。

どのような理由で受けていたのかは忘れてしまったが、

彼の前世は南方戦線で銃弾に倒れた日本兵だった。

 撃たれた時は苦しかったらしいが、直後に体が軽くなり

穏やかな光の中に入っていったそうだ。

 しばらくすると、なんと自分を殺した敵兵(の魂)と仲間の魂が現れた。

どうやら、敵も撃たれて命を落としたらしい。

 そして、その時こんな会話をしたらしい。


 『今回の人生どうだった?』

 『楽しかったよ。』

 『あぁ、そうだね。楽しかったね。』


 この話は、生前の敵同士が経験を共有しあうと言う意味での

『ソウルメイト』だと言う事を現していると思う。


 この話は経験の共有についての話で、

人の罪を正当化してるわけではない。


 罪を犯す経験をしなくても魂は絶対成長するだろうし、

せっかくバランスを保っている魂が罪を犯せば、次回やられる側の人間として

 「しなくても良い余計な経験」を積む羽目になるだろう。


 もう地球全体が悪を経験して成長していく段階を終えてると、

僕自身は思っているのだが・・・。


 話を蝉に戻そう。


 蝉は幼虫の時、ただただ木の根から養分を吸収して

成虫になるのを待ってるイメージがないだろうか?僕はそうだった。


 蝉の幼虫は、数回脱皮をするらしい。

そして成虫になる前にモグラやオケラに食べられてしまうものもいる。

あるいは冬虫夏草の菌に侵されるものも。


 蝉は幼虫期の方が経験を積む事になる。

そう考えると、人間としての一生がここに当たるのではないだろうか。

 人間も生きてるうえで様々な経験をする。

一生を全うする人、道半ばで病気で亡くなる人・・・様々な人生がある。


 経験を積み成虫になった蝉は仲間と出会い、ペアになって子孫を遺すもの、

遺さず旅立つものもいるだろう。

 魂も同じ。経験を積んだ魂は仲間と出会い共有して、また経験を積むために

来世へ行くものもあれば、次の段階へ移行していくものもいる。


 蝉にとって成虫になる事がある意味 『本番』 ならば、

人間にとっても、一生を終え魂になった時が、実は 『本番』 なのかもしれない。


 人間は、自身であれ他人であれ、人生の価値を出来事や

地位や名誉で判断する時がある。

ゆえに時には妬み、時には卑下し差別し、一喜一憂を繰り返す。


 しかし『この世は仮の宿』である。

 持っていけるのは経験だけだ。


 どんな事も意味のない出来事はない。必ず理由がある。

ただ、理由を追求して正しい回答を求める必要はない。それぞれの解釈でいいと思う。


 ならばどんな事が起ころうと、どんな境遇だろうと

 『私は幸せだ』 と、思える自分でいれる事が一番素晴らしい魂の経験になるのではないだろうか。


 幸せだと思える人に不幸は訪れない。

たとえ他人が見て不幸に見えていてもそれは他人のジャッジ、その人が不幸を感じてないならば、

その人は人生の勝者、魂の勝者だ。


 逆にジャッジする事から全ての不幸が始まるのかもしれない。

嫉妬・羨み・差別・卑下・憐憫・・・全てジャッジだ。


 ならばジャッジをしない自分になる事から始めればいい。

だが、これは人間に根深くある 『癖』 だ。

僕にもまとわり付いている。まだまだ・・・まだまだ、である。

 世界中の人々がほんの少しでもこれを始めたら、大きな渦になって

地球全体の意識がものすごいスピードで上がるだろう。


 聖人であれとは言わない。

でも、最近の出来事を静観すると、皆で始めていかないといけない気がしている。


 改めて言おう。この世は仮の宿、もっていけるのは経験だけ。


 僕らは未だに土の中なのだ。




関連記事

2 Comments

ウォーリック  

含蓄のあるお話しでした

色々なものが進むと、セミの抜け殻からでも何かを
感じ取られるんですね。私はセミのお話が出るや、ただただ冬虫夏草を
思い出してしまいました。世に出る前に菌がたかって腐るという、まるで私の
人生のようなw それでもセミは薬になりますけど、私はなんだかなぁ...

ブライアンワイス博士の前世療法シリーズが好きで読んでいました。日本でも
彼直伝のヒプノセラピーの施術が受けられると知り、いつもホームページを眺めています。

もしかしたら、過去の自分と出会って、ドラスティックな気づきや解放が
あったらどうしようなどと勝手にドキドキしただけで満足しています。ただ、
何となく不安でいまだ試していません。

以前「五時に夢中」という番組のコーナーで、作家の岩井志麻子さんが
受けていましたが、とても興味深かったです。もう少し気持ちが落ち着いたら、是非一度受けてみたいなと思っています。


本当に経験だけなんですね。臆病になっている場合じゃあないですねw

2015/02/16 (Mon) 22:25 | REPLY |   

アースガイド  

ウォーリックさん

> 色々なものが進むと、セミの抜け殻からでも何かを
> 感じ取られるんですね。私はセミのお話が出るや、ただただ冬虫夏草を
> 思い出してしまいました。世に出る前に菌がたかって腐るという、まるで私の
> 人生のようなw それでもセミは薬になりますけど、私はなんだかなぁ...

 僕は何も進んでいませんよw
今回のウォーリックさんの記事は解る人には解る『良い薬』です。
 抜群の文章力でこちらが夢を見てるかのようでしたよ!

> ブライアンワイス博士の前世療法シリーズが好きで読んでいました。日本でも
> 彼直伝のヒプノセラピーの施術が受けられると知り、いつもホームページを眺めています。
 
 僕も退行催眠には興味ありましたね~昔は。

> もしかしたら、過去の自分と出会って、ドラスティックな気づきや解放が
> あったらどうしようなどと勝手にドキドキしただけで満足しています。ただ、
> 何となく不安でいまだ試していません。
 
 逆に上手くかからなかったらどうしようとか思っちゃいますwww

> 以前「五時に夢中」という番組のコーナーで、作家の岩井志麻子さんが
> 受けていましたが、とても興味深かったです。もう少し気持ちが落ち着いたら、是非一度受けてみたいなと思っています。

 へ~!観てみたかったですね!
 ん?じゃあ過去を見た上での、あの豹柄なんでしょうか?www

> 本当に経験だけなんですね。臆病になっている場合じゃあないですねw

 もし実践された時は、ぜひブログにアップしてください!

2015/02/19 (Thu) 05:50 | REPLY |   

Post a comment