FC2ブログ

ちょっと合気道の話


 ※今日はあまりにもマニアックな記事になるので、興味がない人はスルーして下さいww


 皆さんは『合気道』についてどう思われますか?

もしくはどんなイメージをお持ちでしょうか?


「力がない人でも簡単に相手を投げられる武道」

「試合のない武道」

「実戦で使えない武道」

「胡散臭い」

「やらせ」

「宗教がかってる」

etc・・・

・・・まあ、色々意見はあると思います。


 柔道経験者でもちょっと不信感を持ってる人がいるので、

空手などの打撃系の人は余計に鼻で笑うでしょう。


 確かにわざと飛んでます。良くも悪くも。


 「ホントに強いの??」と思うようなお爺さん先生に

若い人が派手に投げられる・・・。

先生に気を使ってるのか演武だからなのか

確かに「わざと」やる人もいます。

試合がない武道ですし、それが『型』ですから。


 でも演武や型だけであんなに派手に投げられてる訳でもありません。

ちゃんと本来の理由もあります。


 柔道を学校の授業で習った人、もしくは経験者なら

最初に「受け身」を覚えますよね?


 覚えないと投げられた時ただただ痛いですし、

覚えておかないと危ないですから。技術の一つですよね。


 柔道は背負ったり、足を払ったりする技に対しての受け身なので

派手に回ったりはしませんが、


 合気道は相手の力を流して手の関節を極めて投げたりしますので

ああいう風に自ら回って受け身を取らないと、「ポキッと」イきますので

あれも技術の一つなワケです。技の特色上、回らざるおえないみたいな。

あとバランスを崩され回ってしまうみたいな。



 「実戦で使えない」と言う声もあります。確かに否定はできないかも知れません。

しかし、何をもって「実戦」なのかは定義がいまいちはっきりしません。


 それは総合の試合なのか?喧嘩なのか?


 一番大事なのは、その技術をもちつつ

トラブルにならないようにする事の様な気がします。


ある意味男心?をくすぐるようなある種の『浪漫』からは

かけ離れてるかもしれませんがww


 いまでこそ、剣道や柔道は競技スポーツですが、

日本の武術はもともと「命の取り合い」が起源です。


 戦で刀が折れた時、どのように相手を組み伏せるか、

鎧の隙間にどうやって短刀を刺すか。


自分の刀がない時、刀を持つ相手にどう対処するか、

そんな「組討ち」に禅などの精神性も併せたのが「柔術」


 その柔術の各流派の技術を理論立てて体系化したのが「柔道」

それがブラジルに渡ったのが「ブラジリアン柔術」

柔道、剣術など会得した開祖・植芝盛平翁が

大東流合気柔術を併せ神道の考えを混ぜたのが「合気道」


 日本の「道」が付くものには、身につける事により

精神性を高める、人間性を高める事に意味を持たせています。


 武道は命のやりとりが起源ですから、元来競技性を持ってません。

「負けたら即ち死」であり、「負けたらそれまで」なわけです。

ある意味「潔さ」があるわけです。


 そこにはゴングもラウンド制もセコンドもいない、判定もない訳ですから。


 そこの勝ち負けに重点を置くのであれば最初から

MMAや打撃系の格闘技を習えば言い訳で。


 ヘンな例えですけど、イギリスのアフタヌーンティーで

スコーンを目の前にして抹茶を出されても困るわけですw


 とは言え、合気系が全く実戦向きじゃないかと言うと

そんな事はないですよね?


 様々な国の軍や警察も採用してますし、

他の格闘技で足の運びや崩しを使う人もいます。


 日本の古武術の動きは、他のスポーツや

近代格闘技でも注目されてるわけで、

 一つの武道のある側面だけを捉えて

あれは強いとか弱いとかは決められない気がします。


 どんな競技・格闘技・スポーツ・武道でも

やはり、名人・天才・達人はいるわけで


 結局「人」のやることなんで

弱い人は弱い、下手な人は下手で

強い人は強い、上手い人は上手いわけです・・・。


 ・・・言いたい事がまとまらなくなってきたので次回に続けますww




関連記事

0 Comments

Post a comment