FC2ブログ

相伝の難しさ


 植芝合気(合気会)の2代目・植芝吉祥丸道主は、

当時独立した塩田剛三先生の養神館より劣勢だった合気会を

地道な活動で広げて行き、3代目・守央道主の現在、

世界の合気道の八割が合気会らしい。


 2代目吉祥丸道主は、世界中の人が合気道を学び、その中から何人かの

達人が生まれる事を期待・考えていた、と

何かで読んだ事がある。


 その結果合気会は思惑通り世界中に広まり、素晴らしい技を披露する先生方も

国籍問わずいらっしゃる。

 ただ、全部の合気道の道場が開祖の伝えたかった事を

理解しているかと言うと、違うと思う。


 元々、剣術と柔術の要素を取り入れて出来た武道だ。

本来は剣術・杖術・体術の全てを道場では教えないといけないのに、

型のみしか教えない所も多いらしい。

 盛平翁が伝えたかった事は、型ではなく、『型』という決められた

不自由の中から、或いは剣捌き・杖捌きを通して『理合い』を、

盛平翁の言うところの『呼吸力』を身に付ける事のはず。


 そこを忘れて、取り・受け双方が馴れ合いの型の中で関節の取り合いを

修行したところで、筋力に頼らない強さにたどり着けるわけがない。

 ましてや、型の通りに動く敵は本当の戦いの時には絶対いない。


 だから盛平翁の口癖は『技は覚えたら忘れなさい』なのだ。



 一方、平井稔翁は『旧大日本武徳会の合気道』を残していく為

植芝翁の所へ戻ってきて指導をして欲しいという依頼を断り、

日本船舶振興会の笹川会長の援助も断り、

自費で道場を建て、指導をした。


 平井翁は、自身の合氣道を、全ての武道の本質を伝える

『母体武道』だと唱えていた。

 戦いの中、最も適切な動きが出来たのが『武道』であり、

その中の一部分を切り出したようなものはもう武道ではない、と

型と言うのを作らなかった。

 理合いを体得する為、『体捌き』と言う独自の動きを考案し、

『腰の回し』『中心帰納』と言う極意を、

正確に伝える為、あまり多くの弟子は取らなかった。


 型を嫌った平井翁は、剣術・杖術も『体捌き』を用いて一つとし、

独自の『円乱捕り』でその極意を体得させようとした。

取り・受け関係なく、乱捕りをした時代もあったと聞く。

関節どうこうより、『理合いの体得』に重きを置いたのである。

 結果、驚くような動きをする達人が現れる。

その際たる人が、成田新十郎先生だ。


 ただ、平井翁の伝えたかった事が、全ての光輪洞系の道場に

伝わっているかと言うと、それも違う。


 光輪洞の前身、恒河洞道場から数えても、修行者は1万人もいないだろう。

現在、平井稔伝の合氣道を習っている人も、300人もいないはず。

しかも、『純粋な』平井稔伝の合氣道をやってる人はもっと少ない。


 道場によっては、他流の剣術と大東流合気柔術を教えてるところもあるし、

演武で鎖鎌を披露する道場もあるらしい。

 理解できなくはない。

体捌きのみで型がない平井伝の合氣道は、極意が体得できない限り

円乱捕り自体が馴れ合いになる危険性がある。

現に体得してる人は2人だけだ。

自ら相手との理合いを掴もうとしながらやらないと、『受け身演武』に

なってしまうと思う。

 だからそこに疑問が出始めると、型の存在する流派に手が出るのだろう。

でもその時点で、『母体武道』ではなくなる気がする。



 どちらの合気道の考え方も間違えではないと思う。

問題は、伝えられた方の捉え方だろう。

これはどの世界でも起こりうる事だし、起きてることだ。


 平井翁の遺したこんな言葉がある。


 『流祖から弟子各人に対して、百人ならば一子相伝で

 百人百流である。流祖一人にしか習えないのであれば、

 道は途絶えてしまう。』


 この言葉の頭にはこうある。


 『本流さえ外れてなければ』


 盛平翁の合気道も平井翁の合氣道も途絶えてはいない。

ただし、『かたちとしては』だ。




関連記事

0 Comments

Post a comment