FC2ブログ

二人以外ゼロ


 平井稔翁が示した極意に『中心帰納』と言うのがあります。



中心帰納

 今っぽく言うと、自分の発してる気持ちやエネルギーを

自分の中心に戻すって事かな?


 白石先生(教えて頂いてる先生です。)は『似てるけど違う』と、

言っていましたが、一番近い状態はスポーツ選手がよく言う

『ゾーンに入った』状態だと思います。

 先生は、『ランナーズ・ハイ』みたいなものとは違う、と仰ってましたが

僕もそう思います。

 どちらかと言うと、体操選手が自分の状態を俯瞰で感じてる状態の

『ゾーン』に近いかな?と感じています。


 『変性意識状態』って、言うんでしょうか。


 脳科学で言えば、ジルボルト・テイラー博士の『ラ・ラ・ランド』ですよ。

過去のエントリー記事⇒『バランス』


 相手の発する敵意や、自分の対立心や力、

全体と『一つになる』って事です、たぶんw

 そして相手がそれに呑まれそうになると、一つになる気なんかないから

(敵対してるから当然ですが)崩れていく・・・。



 で、これが体現できてるのが成田先生と、もう一人の先生。


 とは言え、『お二方と同じくらい50年合氣道を修行されてる方もいるし、

平井伝の合氣道の前に、他流で高段を取ってる方もいるので、

例えば、成田先生ともうお一方を10だとすると、

同じ年数修行されてる方々が、7~8で、

他流で高段持ってる方が4~5で、

平井伝の合氣道初心者から数年の経験者が1~3みたいな感じかな?』

と勝手に数値化していたので、その辺を聞いてみました。


 こう返事が返ってきましたよ。

 『成田先生を100とすると、もう一人の先生は50。他は0です。


 ・・・え?・・・ハイ??


 え?1もないの!?じゃあ、先生は??と、聞いてみたら、

 『僕は0ではないですが、まだ2人の足元にも及ばない。

 この極意に関しては、他流の高段も何十年修行してる人も

 初心者のあなたも同じスタートラインです。』


 その後、成田先生にお会いした時に他の道場の方が

うちの先生に指導を仰いでいたのを見て、冗談じゃなかった事に

気付きました。


 うちの先生は『3人目』と言う事になります。


 縁あって先生に出会えた事は本当にラッキーでしたが、

 ・・・幸か不幸か、目指す頂はとてつもなく高いです。




関連記事

0 Comments

Post a comment