FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

組織を越えて伝わり研究されるべき知恵の種


 タイトルにあるこの言葉、載せるのは2回目です。

合気会の方が仰った言葉なので、この言葉には重みがあると感じています。


 白石先生は「達人と呼ばれる人は、その武術や感じ方・表現は違うだろうけど

 辿り着いた境地は同じはずだ。」と、仰います。


 改めて成田先生の著書・DVDをまとめました。


 綴られてる言葉は独特の言い回しで、1回では理解しづらいですが、

 「中心帰納・腰回し」と言う概念が、他武道にも応用できるであろう

恒常性維持(ホメオスタシス)と人間の生理反射へのアプローチだと言う事が

理解できます。そういう部分では、ある意味明解・・・かもしれません。




円和の合氣道 [DVD]

 DVD 円和の合氣道


 合気道修行者でもあまり知らない「影の合氣道」とも言える、光輪洞合氣道。

創始者・平井稔翁の合氣道とはどんなものなのかを知ることが出来ます。

光輪洞系の合氣道で「境地」に足を踏み入れた人を3人知っていますが、

完全に体現できるのは、成田新十郎先生だけです。


 ただ、前にも書いたように、あまり好評ではなかったようです。

まるで目に見えない気功の様なもので触れずに倒れてる様に見えるからです。

まあ、あれはそう言われても仕方ないくらい、受けの生徒さん達の反応が・・・。


出演の生徒さん達は他武術からの移籍組らしいので、その修行の中で得た感覚

なんでしょうね。僕らはああいう風には崩れませんから。


 もちろん、成田先生は気功は出来ないですよww

これは「標的が絞れずに、自分の力の方向に自ら崩れた。」というのが正解。

受けの生徒さん達が、全く同時に崩れてるという事に注目していただければ、

いわゆる「フェイク」ではない事に気付いて頂けるかと。


 「8つの体捌き」に関しては白石先生のYouTubeも参考にして頂くと、

剣と杖でも同じ動きだという事が解ります。 → こちら




如是我聞 円和の合氣道

書籍 円和の合氣道


 平井翁には「書き残すな」と言われていたそうですが、境地に辿り着きたい

一心だったのでしょう、細かく書いてあります。まるで研究書です。


 独特の言い回しではありますが、「腰回し」「中心帰納」の事や、ご自身の事

平井翁の事などが綴られています。

 白石先生の稽古に参加される方は、ほぼ全員がこの本を持ってます。

この本の中身を「体験」したくて参加する方も多いからです。


 ちなみにAmazonにはドイツ語版もありました。




“円

 ”円の合気”習得のキーワード!


 こちらは、先生の記録・日誌をそのまま載せて、そこに写真で解説を加えた一冊。


 この著書を出版するにあたって取材した動画が、僕がUPしてる動画です。

セットで見て頂くと、文字だけでは解らないところも解るかもしれません。


なのでぜひ見てくださいww



 以上、出版物まとめでした。




関連記事

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。