FC2ブログ

只管(ひたすら)体捌き


 実は、この三ヶ月程通常の稽古に参加できなかった。

その間講習会があり何回か参加したのだけど、先生の友人である押切伸一さんの

 「ホールセンスセラピー」(これはまた後日書きます。)と、合同で行った

 「只管(ひたすら)体捌きという講習会が本当に良かった。


 何時も書いてる様に、光輪洞系の合気道には型がない代わりに体捌きがある。

僕らは8つ。地域によって7つ。それを2時間ずーっとやり続ける、と言うもの。


 最初のうちは動作が正しいか?2時間体力もつかな?とか考えていたが、

そのうち余計な事は何も考えなくなる。


 身体は段々と勝手に動いてる様な感覚になり、

自分の意識は冷静に自分の内側を見てる様な

「座禅」を組んでる様な感覚になる。


 終わった後も、さほど疲れはない。

以前、先生が「体捌きが腰で回ってれば腕は全く疲れないよ。」と言っていたが、

全く疲れていなかったという事は、腰で出来てたという事かな?


 これを体験してから、体捌きがやけに柔らかくスムーズになった。

角みたいなものが取れて、球とは言わないまでも楕円にはなった感覚。

先生にも「滑らかになったね。」と言って頂いた。


 うちの講習会には全国から来られるが、中々参加するのは難しいと思う。

光輪洞系をやってる方、うちの講習会や成田先生の講習会に参加された事がある方は

是非ご自宅ででもやってみると良い。

本当に、上手く表現できないが自分の中の「感覚」が変わる。


僕は仕事で行けませんが、23日にもあるので興味のある方はどうぞ。


まだ間に合うかもしれません。  お問い合わせ




関連記事

0 Comments

Post a comment